あざレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科

あざ治療の専門クリニック

052-769-4800│お問い合わせ・ご予約は今すぐコチラ

  • Webお問い合わせ
  • Web初診予約
  • Web再診予約
  • HOME
  • 苺状血管腫

いちご状血管腫とは?(乳児血管腫)

赤あざの一種であるいちご状血管腫は、未熟な毛細血管の増殖により起こるできものです。

生まれつきのあざではなく、生後すぐ、あるいは生後数週以内に発症することが多く、表面が苺状に赤く盛り上がり、急速に大きくなります。
その後は数年かけて徐々に赤みが抜け、退縮します。

からだの表面のどこにでも見られますが、顔に多く、大多数のものが局面型、腫瘤型を示します。
nishihorim.gif

昔は自然治癒するため、経過観察をする事が当たり前でしたが、大きくなってしこりや跡を残す例もあります

多くの患者様が0歳での色素レーザー照射を行います

また、深在型では、皮膚より深部にあるため、表面に異常が無く濃い青色を呈します。

大きさは、数ミリの小さなものから、顔の半分以上を覆い、眼を開くことができないほど大きなものまであります。

生後3~7ヵ月頃に著しく増大して、大きなものではできた部位により視力障害、呼吸困難、開口障害、難聴など機能障害を起こしたり、局所に潰瘍 を形成したり、出血を繰り返すような特殊なものもあります。

このような場合には、積極的な治療が必要です。扁平型は時間がかかりますが、自然治癒します。

2歳頃から退縮が始まり、5歳までに50%、7歳までに75%の苺状血管腫が自然に治癒すると言われています。

一部は退縮が不十分で跡が残ってしまうことがあります。
自然に色調が治っても、表面のでこぼこや色が白く抜けたり、隆起やしわ・たるみを残したり不自然な外観を呈することがあります。

いちご状血管腫

 

治療法

経過観察で自然治癒を待つのかレーザー治療を行なうかは、診察を行ない判断します。

機能的な問題が起こりそうな部位 たとえば 眼瞼 口周り 鼻部は ステロイドの注射や最新治療であるプロプラノロールの内服なども検討しながらレーザーを行ったりします。

レーザー治療の場合は、基本的に3か月に1回、レーザー照射します。症例によっては1、2ヶ月に1回レーザー治療を行います。レーザー治療すると以下の様な治療効果が得られます。

早期レーザー治療を始めると 生後6ヶ月目まではレーザーvs血管腫の綱引きでそれを過ぎるとレーザーの効果が顕著になってきます。かといって6ヶ月前にやらないのではなくある程度の増殖は抑えますので治療効果があると考えています。
http://www.aza-nishihori.com/blog/2014/05/index_4.html

1012454_479541988804319_221255948_n.jpg


























 

レーザー治療の流れ

   1. レーザー照射 1~2時間前に麻酔シールを貼ります。
   2. レーザー後は軽いやけど状態になります(外用剤を乾くまで塗布してください)。
   3. 外用剤による処置を約1週間程度行っていただきます。
   4. 継続的な治療により、ある程度あざが薄くなったら治療完了です。
   5. 自然経過で肌に馴染んでゆくのを待ちます。

 

治療期間の目安

3クールから6クール以上

 

治療間隔

基本的に3ヶ月に1回(状態により1,2ヶ月に一回)

 

治療により期待される結果

自然治癒を期待して経過観察する事もありますが、現在では多くの施設が色素レーザー治療を行います。

レーザー治療をすると早く退色し、増大しないで治癒する症例がみられるとの報告もあります。

治療例

いちご状血管腫

 

いちご状血管腫

 

ichi.bmp


いちご 腹部1 0歳 .JPG  いちご 腹部1 7さい.JPG
↑局面の扁平形 レーザー5回照射 3ヶ月おきにきれいになりました。

      
↑大きめの苺状血管腫 レーザー11回 2,3ヶ月おき 2歳6ヶ月にはきれいに消退しました。