あざレーザー治療のことならあざ治療の専門クリニック、西堀形成外科

あざ治療の専門クリニック

052-769-4800│お問い合わせ・ご予約は今すぐコチラ

  • Webお問い合わせ
  • Web初診予約
  • Web再診予約
  • HOME
  • 遅発性太田母斑

遅発性太田母斑とは?
 

nishihorim.gif

青あざの一種である遅発性太田母斑は皮膚の深部に位置する「真皮」に出来るものです。

見た目がそばかすと似ていますが、そばかすは幼少期にきるため遅発性太田母斑とは、発生時期で判断がつきます。

遅発性太田母斑はメラニン色素が真皮に出来るため、そばかすよりも治療が難しいです。

ただ、そばかすと比べて遅発性太田母斑は治療して完治すれば、再発することは無いため治療効果は高いと言えます。


治療方法

メラニンが深い位置に存在しているため「強め」の治療が必要となります。


普通は1回の治療では取れませんので、複数回通うことになります。

症例)↓レーザー施術前      ↓施術1回終了後         ↓レーザー4回施術後

遅発性太田母斑レーザー前.JPG   遅発性太田母斑レーザー中.JPG   遅発性太田母斑レーザー後.JPG


 

代表的な青あざの種類

mouko.PNG ImgTop8.jpg ImgTop9.jpg ImgTop10.jpg



あざ治療に関する疑問や不安、費用など、どんなことでもご相談ください

tel0001.png

HOME  ●青あざの治療  ●あざ治療の流れ  ●ドクター紹介  ●アクセス

 

ご予約はお電話、もしくは下記の「Web初診予約」「Web再診予約」からどうぞ 

conta0003.png yoya0001.png sai0002.png

Copyright (C) 2012 西堀形成外科 All Rights Reserved.